home

助松団地診療所

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは糖尿病や高血圧、脂質異常症やメタボリックシンドロームのことを指し、主に食生活の乱れや運動不足によって引き起こされます。生活習慣病は様々な症状を引き起こします。次のような症状がある場合には要注意です。

  • 飲酒・喫煙をよくする
  • 頭痛が続く
  • 体が重い最近体重が気になる
  • 血圧が高い
  • 足に痛みやしびれがある
  • 尿の量が増えた
  • 20歳の頃より1015kg体重が増加した

生活習慣病は予防と早期治療が大切です。何か気になることがあればお早めに当院までご相談ください。

高血圧

心臓は血液を全身に送り出しており、その時に血管内にかかる圧力のことを血圧といいます。心臓が収縮して血液が全身に送り出される瞬間の最大のの血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」と言い、逆に心臓が拡張して血液の流れが緩やかになった瞬間の血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」と言います。これらが一定値を超えると高血圧といい、この状態は心臓や血管に負担がかかっており、続くと血管は弾力を失って動脈硬化が進みます。動脈硬化を心臓で起こすと血管が詰まり命に関わる重症な疾患になる可能性があります。また、脳で血管が詰まると脳梗塞になり、脳出血を引き起こし、死亡してしまう可能性もあります。

高血圧の治療はまず食生活の改善、禁煙や飲酒の制限、適度な運動を行います。これでも改善が見込めない場合には並行して、血圧を下げるお薬を処方します。

糖尿病

私たちの身体は食事をすると、食べ物がブドウ糖に分解され、全身に血液によって運ばれエネルギーとなり使用されます。この時、ぶどう糖はインスリンという物質の働きにより細胞の中へ吸収されますが、このインスリンの働きが弱くなったり、分泌量が減ったり、場合によっては全く分泌されなくなったりすることがあり、これが糖尿病です。
糖尿病では手足がしびれたり、異常発汗したり、EDになったり、視力が落ちたりします。
糖尿病腎症になると腎臓の尿を体内の毒を出す尿を作る機能が低下し、体内に毒が残ったままになってしまうので週に2回から3回程度、病院で人工透析を受けなければならなくなります。いずれも怖い症状なので、日ごろの予防が必要です。

肥満・メタボ

メタボリックシンドローム(通称「メタボ」)は、内臓に脂肪が過度についている状態で、腹囲、血圧、中性脂肪やHDLコレステロール、血糖値が基準範囲外のときにメタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームや肥満は病気ではありませんが、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の原因となりこれらの病気が悪化することで、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こしてしまいます。メタボリックシンドロームや肥満も適度な運動やバランスの取れた食事、飲酒やたばこを控えたりすることによって改善することが出来ます。

top